甘味料の用途

ステビアに関する質問をQ&Aでお答えしていきます。

Q.
虫歯予防にもなる低カロリー甘味料としては、他にキシリトールなどもありますが、
ステビアとの使い分けは何に由来するのでしょうか?
分野に向き不向きがあるのでしょうか?

A.
ヒヤッとした冷涼感が特徴の、糖アルコールの一種であるキシリトールは、
キャンディーやガムなどによく使用されています。

カロリーは砂糖より低いですが、一般的に糖アルコールは摂りすぎると
お腹がゆるくなることがあります。

そのため、多量に使用することはできないので、甘みの強い
ステビア(甘み:砂糖の約300倍)や
人工甘味料である
アスパルテーム(甘み:砂糖の約200倍)、
スクラロース(甘み:砂糖の約600倍)
などと併用して甘みを補強します。

なお、糖アルコールのうち、キシリトールは砂糖並みの甘さがありますが、
エリスリトールやマルチトールなどは、砂糖の7割ぐらいしか甘みがありません。
プロフィール

緑の自然館

Author:緑の自然館
「緑の自然館」は、ステビア甘味料のパイオニア、守田化学工業が運営するネットショップです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター